• ホーム
  • 性欲があるのに勃起しなくなってしまった!勃起不全の治療にかかる治療期間

性欲があるのに勃起しなくなってしまった!勃起不全の治療にかかる治療期間

2020年03月29日

性欲がなければ勃起力は発揮されませんが、性欲があるのに勃起しない状況は非常に深刻であり、パートナーとの関係にヒビが入ってしまう可能性がありますので、早めに勃起不全の治療をして勃起力を復活させる必要があります。勃起不全にかかる治療期間は数ヵ月~数年単位で考えている人が多いですが、ED治療薬が普及した現在では即日で勃起不全を解消して健全に性行為ができる状態にできますので、今すぐに勃起不全・精力減退の問題解決が可能です。

ただED治療薬は即効性がある反面、勃起不全の原因に直接的に作用するものではありませんから、根本改善のためには数ヵ月以上の治療期間を見積もっておき、焦らずにコツコツと対策をして年齢相応の状態に戻していく必要があります。EDは下半身に異常があって発生すると思われていますが、実際は肥満や糖尿病・高脂血症などの生活習慣病が大きく関連しており、これらを解消していくことが血流を促進して陰茎海綿体を元気にすることに直結します。

生活習慣病の改善にかかる治療期間は数ヵ月以上となり、少なくとも3ヶ月くらいは見積もっておくのが好ましく、これは体質を根本から変えたり身体のトラブルを解消したりするには多くの時間がかかり、即効性は期待できないからです。当然ながら治療期間中においても不規則な生活を続けていると生活習慣病は改善しませんので、これに由来する勃起不全を解消することはできず、モチベーションの低下によって挫折する結果になりかねないので注意です。

ED治療薬を服用せずに対策をする場合は生活改善や精力剤の活用などが一般的な方法であり、この場合は改善に6ヶ月以上を要することが多いので、焦らずに地道にコツコツと対策をして下半身の活力を取り戻す必要があります。一般的に下半身の減退を実感する年代は30~40代以降であり、これは生活習慣病が目立ってくる年齢層と一致しますので、健康診断数値に異常が見られるようになったら、EDのリスクも高くなると認識して予防対策をする必要があるでしょう。

勃起不全の治療で失敗しないためには焦らないこと、そして治療期間を長めに見積もっておくことが重要で、焦ってしまうと心身のバランスや自律神経を不安定にすることにつながり、よい結果は期待できないので注意してください。治療を開始するタイミングは早いほど好ましく、もし放置し続けると重症化して改善するのに多くの時間を要するようになるので、性欲があるのに思うように立たない、以前と比べて勃起時の硬度や角度がゆるくなってきたと感じたら対策するのが好ましいです。