• ホーム
  • 体質に合わせて選択しよう!種類が多いED治療薬の中から自分に合うものを選ぼう

体質に合わせて選択しよう!種類が多いED治療薬の中から自分に合うものを選ぼう

2020年05月31日

ED治療薬にはさまざまな種類があるので、数ある中から自分の体質に合ったものを選択していくことが大切ですから、いろいろな治療薬を服用して効果の違いを比較したり、目的によって使い分けたりする必要があります。例えば即効性を第一に考える人にはバイアグラやレビトラが適しており、即効性より持続性を重視する人はシアリス、EDと早漏治療を同時に行いたい人にはスーパーPフォースが役立つなど、目的・症状に合ったもので検討していきましょう。

勃起不全の解消に役立つED治療薬は医師の処方薬のため、服用可能かどうかはクリニックで診断を受けて確認する必要があり、個人輸入から治療薬を取り寄せる場合は服用可能な成分を配合した薬に限定することが大切です。服用可能かどうかは自己判断で決めることはできず、健康状態や持病などによって服用できる薬・できない薬が分かれてくるので、医師から許可を受けた成分のみを利用するようにして、それ以外は利用を避けてください。

ED治療薬は下半身の悩みに合わせて使い分けるのが好ましく、勃起力の状態や射精までの時間なども考慮して絞っていく必要があり、迷ったときは複数の薬を比較検討して選んでいくことで、自分に合ったものが見つかります。近年の需要を見ると、シアリスを処方されることが多く、最長36時間も持続するので翌日の同時刻以降まで勃起力を維持できる反面、ガツンとした力強さを求める人には物足りないという声が多く、そうした人はバイアグラやレビトラを選択することが多いです。

まだ年齢が若いのであれば勃起不全の症状は軽く、血行不良などの生活習慣病よりも自律神経やメンタルが関係しているケースが目立ちますので、持続性を重視したシアリスの服用をクリニックから推奨されるケースが目立ちます。早漏を伴った勃起不全の場合は早漏を解消しなければ根本解決には至りませんので、スーパーPフォースやプリリジー、ポゼットなどが活用されることが多く、早漏が解消すれば射精調整が可能になって勃起不全が自然に改善するのが普通です。

正規のED治療薬は価格が高すぎて利用できないという方は個人輸入を活用すれば、クリニックでの処方よりも1~2割くらい安く購入できることが多いですし、ジェネリックだと10分の1程度まで安くなるケースがあります。最近はジェネリックの種類が急増しており、インド製は成分特許の概念が存在しませんので、日本の医療機関で販売されていないジェネリックに関しても入手可能であり、安いものだと1錠100円程度で購入できるので、治療費を大幅に抑えられます。