• ホーム
  • スーパーPフォースの服用で吐き気をもよおしたら服用を中止して

スーパーPフォースの服用で吐き気をもよおしたら服用を中止して

2020年01月07日
薬を飲んでいる男性

ED・早漏治療薬のスーパーPフォースには副作用があり、吐き気をもよおしたという話は比較的多いので、もし吐き気が生じたら速やかに服用を中止して医師に相談して、必要に応じて用量を変えたり、別の治療薬に変更したりする必要があるでしょう。医薬品の副作用として吐き気はよく起こることであり、胸がムカムカして気持ち悪くなったり、気分が悪くなったりするのが特徴ですから、スーパーPフォースを初めて服用する人は体調の変化に敏感になっておく必要があります。

吐き気が生じるかどうかはその日の体調も関係しており、一般的に疲れていたりストレスを感じたりしている状況だと発現しやすいので、体調が思わしくないときは性行為を避けたり、時間帯をずらすなどの対策を講じてください。体調が悪いのに無理をしてスーパーPフォースを服用して性行為に臨んでしまうと、途中で嘔吐感に襲われて性行為に集中できなくなったり、本当に嘔吐したりしてしまう可能性があるので、基本的に性行為は体調のよい日を選んで行うようにしましょう。

薬は逆から読むとリスクとなるように必ず副作用がありますが、これは特定の症状に作用すると同時に関係のない部位にも刺激を与えてしまうことが関係しているので、リスクを最小限に抑えてメリットを引き出す使い方を実践してください。吐き気をもよおした場合は完全に服用を中止するのか、体調が好ましいときに再び挑戦するのか考えておく必要がありますが、これは医師のアドバイスを聞いたうえで判断するのが好ましいので、ED治療専門クリニックに相談してみましょう。

副作用として吐き気が発生しても、服用の仕方を変えることによって副作用を最小限に抑えられますから、まずはピルカッターで半錠にして服用する、体調のよいときに服用するなどの対策をして様子を見てみるのが得策です。注意したいのはスーパーPフォースに対して過剰に神経質になることで、気にしすぎることで吐き気を感じているように錯覚してしまうケースがありますので、考えすぎずに気持ちをニュートラルにして服用してみてください。

スーパーPフォースはEDのみならず早漏にも効果的です。副作用が強く出るのは当たり前だと認識してしまう人が多いですが、思い込みから副作用が強くなることがあるので、自分は大丈夫と気持ちを落ち着けてから飲むのがおすすめです。医薬品にはプラシーボ効果があって、偽物を服用していても効果があるように錯覚することが多々ありますが、スーパーPフォースの服用で吐き気などの副作用を感じてしまう状況もこれと似たようなものだと考えてください。